ストレッチトレーナーでもある自分が、ストレッチをあまりオススメしない理由

こんにちは。木俣亮です。

大手のストレッチ専門店のトレーナーとして4年間みっちり働いていた自分が今思っていること。

それは「ストレッチは良いものだけど、それはトレーナーが適切なストレッチ+ヒアリング・検査・評価をしっかりしてくれる場合のみ」です。

適切なストレッチというのは、ただ硬い部分を伸ばすのではなく、「機能している筋肉・機能していない筋肉」を判断して、体がバランスよく動くように考えてストレッチをするということ。

ヒアリング・検査・評価とは体の状態や、可動域、姿勢などのチェックをすること。セッションに入る前に行うものです。これを入念にやることでアプローチをすべき部位の目安になるので大事です。むしろ8割はこの時間に使っても良いくらい大事です。

ストレッチの話からします。

何故ストレッチをあまりオススメしないのか?

それは、ストレッチはむやみに伸ばすと体を壊す恐れがあるからです。

短期的に見たらストレッチは体が伸びて体が軽くなります。

しかし人間の体は構造的にある程度の可動域が決まっています。

それを超えてまで長期的にストレッチをするとどうなるのか?

伸ばさなくてもよい靭帯までを伸ばすことになり、体が不安定になります。

体が不安定になると、そこを支えるために他の部位が硬くなります。

例えば、腰が痛いからと言って腰回りをストレッチすれば、さらに腰は不安定になりやすいです。

終わった後はすっきりしていますが、最終的には腰は不安定のままなのでまた凝ってきます。

ストレッチをしているのにぎっくり腰とかになる人は、おそらく腰部がとても不安定になっています。

商業的になったストレッチ専門店などでは、トレーナーにそのような基礎的な事実も教えずにストレッチをさせています。そしてトレーナーも向上心のあるトレーナー、そうでないトレーナーに分かれます。

バランスを取るために硬くなっている筋肉を、硬いからといってガンガン伸ばすトレーナーを見ていると残念に思います。

ただ気持ち良さを求めているお客様はそれでいいかもしれないけど、体を改善させようと頑張って通っているお客様がとても可哀想に思います。

昔のストレッチはそれでもよかったかもしれないですが、どんどん情報はアップデートされていきます。

そして情報の流れはどんどん加速しています。それに対して流行を追い求めるのではなく本質的な部分を固めておく必要性があります。僕がストレッチをオススメしない理由は基本的な機能解剖学をベースにお話しています。

特に健康産業については、鵜呑みにせずに、自分で調べて、考えて、判断する必要性があります。

昔の常識は今の非常識になっていることもあります。

しかし自分ではなかなか専門知識もないし、プロにお任せしたいという気持ちもわかります。

そこでオススメできるトレーナーの選び方なんですが、

ヒアリング・検査・評価をしっかりしてくれる人がオススメです。

そもそも、ストレッチとは硬くなった筋肉を伸ばすのですが、何故硬くなったかを考えることが重要です。

ほとんどの場合、どこかの筋肉がうまく働いてなくて、バランスを取るために他の部位が固まっている場合が多いです。

じゃあ働いてない部位をチェックするにはどうしたら良いの?

そこで大事なのがヒアリング・検査・評価です。

生活のスタイルを聞いたり、細かく可動域をチェックしたり、筋テストをします。

ストレッチ店やリラクゼーションや普通のジムなどではそんな細かいことをしてくれません。

もしそのようにヒアリングや筋テスト、可動域をしっかりしてくれるトレーナーがいたら、その方はおそらく良いトレーナーだと思います。

もし担当したトレーナーやセラピストが評価などを一切しなかった場合は、ものすごい天才か、あまり真面目ではない人でしょう。

是非、参考にしてみてください。

まとめ

ここまで言っておいてなんですが、ストレッチは好きです。(自分でも気持ちいいゆるいストレッチを行なっています)。ですが、あまりにも世間一般的にストレッチ=ガンガン伸ばしてすっきりさせようみたいな風潮なので、プロとして今自分が思っていることを伝えさせていただきました。

 

one-to-one代表 木俣亮